HP更新頻度向上委員会!!(苦笑) 皆様に見捨てられないよう頑張ります!  
PIT HOUSE INOUE のブログsince 2008.3.10  
 

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の記事
☆本日の作業から☆ DS−G3 ..

☆本日の作業から☆ ルーフスポ ..

☆本日の作業から☆ レーダー探 ..

☆本日の作業から☆ ご迷惑をお ..

☆本日の作業から☆ ランフラッ ..

☆テスト☆ BLIZZAK V ..

☆本日の作業から☆ 今日もいつ ..

☆本日の作業から☆ ZE40T ..

☆本日の作業から☆ スタッドレ ..

☆本日の作業から☆ ブレーキ交 ..

過去ログ
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月

 



☆本日の作業☆ スカイラインにリジカラ適合確認♪
皆さん、こんにちは。

今日は現行スカイライン200GT−t(ZV37)にリジカラの取り付けです・・・

・・・が、ラインナップにはHV37(ハイブリッド2WD)のみの記載です。

HV37とあまり変わらないだろうと、安請け合いをしてしまったら、
以前確認したように・・・・
14102103hv37pic14102104zv37mem




左がハイブリッド2WDのHV37で、右が2リッターターボのZV37と、
構成から何から何まで、全くの別物でした・・・・大汗

HV37がサブメンバーにロアアームの2点とも乗っているのですが、
ZV37はロアアームの前のみメンバーに乗っていて
14102105lowarm




後ろはボディに直付け+補強ブレイスで固定と手が込んでいます。

採寸などをしてSPOONさんに連絡して検討して頂くと、取り付けポイントが
異なる物の、HV37同様、V36用のものが行けそうとの事で取り付けます。

因みに、V36フロント用はINFINITI FX50Sと共通設定ですが、
ZV37のフロントの構成はFX50Sと似たような感じなのでOKでしょう。

さて、作業開始です!
14102101zv37




先に記したようにHV37と同じリジカラを用意します。
14102102rijikara




リアはHV37とZV37のリアメンバーは共通品番でしたので、
特に確認なしで作業を進めます。

アルミメンバーを下げ、F−1部を下から・・・・
14102106f1set




結構な隙間ですが、それを感じさせないハンドリングはサブメンバーの
剛性の高さが寄与しているようですね。

そして、同じくF−1部のメンバーとボディの間。
14102111r2up




結構な隙間ですが、アルミ製のサブメンバーは寸法のずれ等に対し融通が
効かないので、リジカラは隙間を埋めるより、締結強度を上げる事の方を
メインにしているようです。
14102108f1rijikara14102109f1upset




ボディから出ているスタッドボルトにメンバーを入れるタイプなので
メンバーを完全に下ろさなくても良い様に、リジカラは割って
入れるタイプになります。

フロントは4箇所とも同じようにセットします。

さて、リアに移りましてR−2部の下です。
14102110r2set




フロントは隙間を埋める事より、締結強度に重点を置いた設定でしたが、
リアは結構攻め込みます。笑

同じポイントの上は・・・・
14102111r2up




殆ど隙間が無い!汗

ボルトのネジ部は細めにして、メンバーを入れやすくして、スタットボルトの
根元の部分は太くしてガタツキを押さえる・・・・。

なかなか日産もやりますね!

日産に対し、久し振りに感心感心♪

しかし感心している場合じゃない!
14102112r2rijikara




日産がギリギリの隙間で攻めてきた所へ、リジカラは更に攻め込みます!
14102113r2set




フロンと同様、割って入れるタイプですが、セットするのに軽く
押し込んでやらないと差し込めません。

そこまで攻め込むか?笑

こんな感じでリアも4箇所取り付けます。

取り付け完了後はフロントのトーインを確認していざ試走!!

元々ノーマルでも国産車とは思えない完成度の高い走りでしたが、
(フロント・リア共にアレだけ作りこんでいれば納得です)
リジカラ装着後は路面の細かな凸凹に対してもスムーズに
追従していく感じで、乗り心地も良くなっています。

直進性も元々高いのですが、更に路面の状況に影響を
受けにくくなっています。

元々の良さはそのままに質感を上げた仕上がりに、
思わずニンマリでした。

ではでは。


by いのさん ¦ 15:54, Tuesday, Oct 21, 2014 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ コメントを書く ¦ 携帯

■コメント


■コメントを書く

名前:

メールアドレス(任意):
    

URL(任意):

この情報を登録する

内容:

パスワード(任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

△ページのトップへ
 


ブログ内検索

Powered by Google

最近のコメント
Akiporteses on ☆本日の作業☆ 86にリジカラ

DT12A on ☆テスト☆ BLIZZAK V ..

いのさん on ☆本日の作業から☆ スタッドレ ..

伊藤栄次 on ☆本日の作業から☆ スタッドレ ..

いのさん on ☆本日の作業から☆ TE37S ..

伊藤栄次 on ☆本日の作業から☆ TE37S ..

いのさん on ☆本日の作業から☆ ステアリン ..

いのさん on ☆本日の作業から☆ ステアリン ..

DT12A on ☆本日の作業から☆ ステアリン ..

いのさん on ☆新製品☆ DIATONEナビ ..

リンク

PIT HOUSE INOUE

当店のお勧めの逸品

ブリヂストン

ミシュラン

阿部商会

elsport

リジカラ

グランドエフェクター

WAKO’s

ダイアトーン

アルパイン

日本BBS

RAYS

パンテーラ

Grgo


メールマガジン


携帯で読む
   URLを携帯に送る


My Yahoo!に追加

フリーソフトで作るブログ